産後ダイエットを成功させる秘訣

産後ダイエットと母乳には深い関係があるんです。

 

出産して、赤ちゃんが生まれたら、自然と自分の体型や体重は戻るのかなと思っていましたが、簡単には戻らないものですね。

 

妊娠前に来ていた服、特にジーンズやパンツはお腹やお尻が大きくなってしまい、入らなくなり、何とかしなければと気持ばかり焦りました。

 

でも、産後すぐは体も思うようには動かず、運動できるまでの体力は回復していませんし、お医者さんからも産後1ヶ月はゆっくり過ごすように言われますもんね。

 

産後ダイエットもしないといけませんが、自分のことよりも赤ちゃんのことを考えてあげたいですよね。

 

そこで、自分の体にも赤ちゃんの体にも良くて、産後ダイエットできる方法、キーワードは「母乳」です。

 

赤ちゃんにとっての唯一の食事であり、一番の栄養は母乳です。

 

母親の立場として、赤ちゃんには栄養たっぷりのおいしい母乳を飲ませてあげて、何よりも元気に育ってほしいと思いますもんね。

 

この母乳をあげることで、実はダイエットができるんですよね。

 

授乳することで、カロリーの消費ができるようですし、母乳のおかげで体重が増えにくくなるようです。

 

産後ダイエットと母乳には深い関係があることがわかりますね。

 

栄養たっぷりでおいしい母乳を作り出すためには、母親自身が栄養バランスのとれた食事をしっかりととらなければいけません。

 

自分の食べているものが母乳になり、赤ちゃんの体へと入ると思うと、必然と体に良くないものはとるべきではなということがわかりますね。

 

毎日自分が食べているものを、赤ちゃんに食べさせていると思ったらいいと、私も教えてもらいました。

 

食事には、主食は白米で、おかずには野菜や大豆類、海藻類、キノコ類をしっかりととり、塩分も控えめで、味付けも薄味にすると、とても健康的です。

 

海藻類やキノコ類などの食物繊維はカロリーも低く、満腹感を得ることができますので、ダイエット食としても最適です。

 

反対に油っぽい揚げものや、塩分や刺激の強いものなど、明らかに体にはあまり良くないものは控えましょう。

 

チョコレートやケーキなど、甘いものもついつい食べたくなりますが、赤ちゃんのことも考え、ここは我慢です。デザートが欲しくなった時は、バナナやりんごなどの果物やヨーグルトを食べるといいです。

 

ただし、母乳をあげるとお腹が減りますので、食べすぎには注意です。

 

産後ダイエットとしてだけではなく、これを機会に食生活を見直すのもいいかもしれませんね。

 

毎日赤ちゃんにおいしい母乳をあげるためにも、栄養バランスをとれた食事を心がけていきましょうね。