産後ダイエットを成功させる秘訣

産後ダイエットの方法はたくさんあります。

 

女性は出産すると、大体妊娠前の体重と比べ、5〜10kgぐらい増加すると言われています。

 

私も出産してから太ってしまい、お腹やお尻などの下半身にたっぷりとお肉がついてしまいました。

 

なかなか体重も元に戻らず、産後ダイエットの方法を調べました。

 

最近は、産後ダイエットの方法を紹介してくれるような書籍もたくさん出ていますよね。

 

産後ダイエット方法はたくさんありますが、その前に、気になるのが、産後ダイエットを始める時期ですが、産後6ヶ月以内が痩せやすいようです。

 

妊娠中についていまった脂肪は、普通の脂肪に比べて落としやすく、燃焼しやすいそうです。

 

でも、時間が経つにつれて、落としにくくなってしまうようですので、始める時期も大切です。

 

ただし、産後1ヶ月はまだ体も元通りになってしませんし、まず1ヶ月はゆっくりと過ごし、2ヶ月目ぐらいから始めるのをおすすめします。

 

産後ダイエットの方法のひとつして、最初に始めたのが骨盤矯正です。妊娠中、そして、出産することで骨盤が開いたり、歪んでしまっているそうです。

 

骨盤が歪んでしまうことで、お腹がたるんでぽっこりお腹になってしまったり、お尻や太ももに脂肪がつきやすくなるそうです。まさに、自分の産後の姿がそうでした。

 

骨盤の歪みの影響はこういった見た目だけでなく、内臓の働きにも影響を与えてしまうそうです。

 

内臓の働きが悪くなることで、基礎代謝が落ちたり、便秘を引き起こすこともあるそうですよ。

 

基礎代謝が落ちるということは、わかりますよね。痩せにくい、そして、太りやすい体質になるといういことです。

 

まずは、骨盤を元の場所へ戻すエクササイズから始めましょう。床に座って両足を伸ばして、両手を振りながらお尻歩きするという、簡単な骨盤矯正エクササイズもありますので。

 

産後ダイエットには、食事を見直すというのも効果的な方法のひとつです。

 

無理な食事制限をすると反対にストレスになってしまいますので、良くないですが、栄養バランスの良い食事を1日3食とること。

 

食事の量よりも食事の質(内容)を見直すことが大切のようです。

 

脂っぽいものや味の濃いもの、甘いものはできるだけ避けるようにし、野菜、海藻類やキノコ類、大豆などの食物繊維をたくさんとるようにするといいようです。

 

味付けが薄めの和食がいいと言われています。

 

野菜からはたっぷりと栄養も摂取することができますし、栄養満点のおいしい母乳のためにもいいんですよね。

 

授乳することで、体重が落ちていくのでおもしろいですよ。

 

少しずつ体も慣れてきたら、家の中でできるストレッチ運動や腹筋運動を取り入れていったり、時間的にも余裕が出てきたら外へ散歩がてら、ウォーキングなどもしていきました。

 

このように、産後ダイエットの方法はたくさんあり、家の中でもできることがあります。

 

産後1ヶ月が過ぎたら少しずつ始め、妊娠前の体型を取り戻して、キレイなママを一緒に目指していきましょうね。